サイトマップを表示します。


【新聞広告掲載基準】

広告内容に関する責任は、一切広告主(署名人)にある。しかしその掲載にあたっては、全国牛乳新聞は、「新聞広告倫理網領」の趣旨に基づき「新聞広告掲載基準」を次の通り定める。以下に該当する広告は、掲載しない。
1.責任の所在が、不明なもの。
2.内容が、不明なもの。
3.虚偽または誤認される恐れかせあるもの。
(1)編集記事とまぎらわしい体裁・表現で、広告である事が不明確なもの。
(2) 統計、文献、専門用語などを引用して、実際のものより優位叉は、有利であるような表現のもの。
(3)社会的に認められていない許認可、保証、賞、叉は資格などを使用して権威づけようとするもの。
(4)取引などに関し、表示すへき事項を明記しないで、実際の条件よりも優位叉は、有利であるような表現のもの。
4.比較叉は、優位性を表現する場合、その条件の明示、および確実な事実の裏づけがないもの。
5.事実でないのに全乳連が広告主を支持、または、その商品やサービスなどを推奨、あるいは保証しているかのよえな表現のもの。
6.非科学的、叉は迷信に類するもので、読者を迷わせたり、不安をあたえるおそれがあるもの。
7.名誉毀損、プライバシーの侵害、信用棄損、業務妨害となるおそれのある表現のもの。
8.氏名、写真、談話及び商標、著作物などを無断で使用したもの。
9.詐欺的なもの、叉は、いわゆる不良商法とみなされるもの。
10.代理店募集、副業、内職、会員募集などで、その目的、内容が不明確なもの。
11.、通信販売で連絡先、商品名、内容、価格、送料、数量、引渡し、支払い方法及び返品条件などが不明確なもの。
12.通信教育、講習会、熟叉は、学校類似の名称を用いたもので、その実体、内容施設が不明確もの。
13.全国牛乳商業組合連合会が不適格と認めたもの。